Azure VMware Solutionsとは

VMware

本記事投稿中に開催されております、Dell Tech World 2019にて発表されましたAzure VMware Solutionsについて簡単にまとめてみました。

なお、本記事で取り扱う内容については、本記事投稿時点の情報であるため、記事参照時点ではサービス内容に変更が加わっている可能性がある点をご容赦の上ご一読お願い致します。

Azure VMware Solutionsとは

概要

本ソリューションの概要は次の通りです。

  • Microsoft社提供のクラウド基盤である”Azure”上に展開されたベアメタル環境上で運用されるvSphere/vSAN/NSX環境である。
  • オンプレミスでの提供はなく、発表時点ではクラウドのみでのサービス提供である。
  • サポートはMicrosoftが行うが、内的にはVMwareももちろん運用なサポートを提供している

一言でいえば、本環境はVMware Cloud on AWSの、Microsoft版といってもよいように思えます。

VMC on AWSでは、AWS提供のネイティブなサービス群との連携を売りにしていましたが、本サービスにおいても、Microsoft Azure提供のネイティブなサービスとの連携を差別化のポイントとしています。

なお展開リージョンはVMC on AWSとは違い、発表時点ではアメリカ東部と西部のみであり、近々欧州西部リージョンの展開のようです(公式ソースより)

サポートの体制についてはMicrosoft社が1stコンタクト先となり、VMware社への連携はMSによって行われるようです。

利用ケース

本環境はVMware Cloud on AWSの、Microsoft版といってもよいように思えます。一方で最近似た様なソリューションが増えてきたなぁ、と個人的には感じていましたが、気になる記述を見つけることが出来ました。

まず第1にAzure上のサービス連携はもちろんサポートされるようです。
第2にWindowsやMicrosoft SQLと言った製品について価格やサポート面においての優位性があるとの記述があります。

どちらも強力なメリットだと言えますね、特にMicrosoft社製品をMicrosoft社がケアをしてくれるという点では安心感がありますね。価格の面でももし他のクラウドと比べて優位性があるとすればそこもまたプラスアルファでしょう。

Microsoft社のクラウドサービスを調べてみました

Azure クラウド サービス | Microsoft Azure
Microsoft Azure で一般向けに使用できるクラウド Compute Services (アプリ、Compute Services 、データ サービス、ネットワーク サービス、その他) をアルファベット順に掲載しています。
Azure Active Directory

例えば、Azure Active Directoryでは、オンプレミスのドメインコントローラーと連携によりドメインコントローラーをクラウド環境に設置し、シームレスかつセキュアに、どこからでもログインができる環境を構成できるだけでなく、セキュリティについても監視ができる機能があります。
※私のことを個人的に知っている人は、私が昔Active Directoryのエンジニアだったことを知ってる人もいると思いますが、昔と比べるとすごく違いがあるなぁと思います。私がWindows Serverのサポートをしていたのは2003や2008世代なのでまさかクラウド上でドメインコントローラーが運用できるようになるとは…

Azure SQL Database


また、Azure SQL Databaseでは、Azure上に展開されたMicrosoft SQLを利用可能です。ハードウェアやOSなど、本来はデータベースを展開する必要がある工数を減らせる他、GDPRやISO/IEC 2700127002やHIPPAなどのコンプライアンス準拠した環境に展開される点や高可用性や自動バックアップなど、まさにクラウドのメリットである“自動化”が組み込まれたソリューションだと言えます。

今回のAzure VMware Solutionsは上記のサービスとの併用がメリットとしてある以上、オンプレミスで展開されたvSphere基盤を接続することで、より既存のインフラに対して伸縮性/自由度が上がることが期待出来ると言えるのではないでしょうか?

情報ソース

コメント