自宅からピアソンVUE オンライン試験(監督付き)を受けてみたので、受験環境に関する推奨事項をまとめてみた。

未分類

自宅からピアソンVUE オンライン試験(監督付き)を受けてみたので、受験環境に関する推奨事項をまとめてみた。

免責事項

本記事は私自身の実体験に基づくリモート試験受験のための準備を支援する記事です。

本記事の中で取り扱う内容は、将来的なプロセスの変更や試験監督者の主観などで必ずしも一致するとは言えませんので、あくまでも参考としてお読みいただくようお願い致します。

試験受験に必要な機材、身分証明書などは恐れ入りますが公式サイトの情報を参照ください。
本記事では公式サイトには掲載が無いようなもう少し踏み込んだ具体的な内容について提供します。

一部試験監督との会話のシナリオなども解説していますが、試験監督ごとに受験前の指摘事項もまばらなようですので、必ずしも私のシナリオ通りにいかないケースもぜひ想定ください。

ピアソンVUE 公式情報

受験環境の様子

私の机のデスクの様子は次の通りです。平常時は荷物も多少あるので、以下は試験当日のセッティングです。卓上において良いもの、そうでないものについては後述の内容を参照ください。

この机、どこで買ったの?

たまに質問されるのでシェア。実はIKEAです。12,990円で、コスパはいいです。

UTESPELARE ウーテスペラレ – IKEA

ちなみに東京ゲームショウ 2021でも、新色のホワイトが出たそうで話題になってましたね。
IKEAが東京ゲームショウに初出展! 白いゲーミング家具、すごい良いよコレ #TGS2021

試験に必要なデバイス

最近は在宅勤務の浸透もあり、良質のデバイスが安価で手に入りやすくなってきました。個人的に使ってみてよかったものを掲示しておきます。もしまだリモート試験に必要なデバイスをお持ちでない方はご検討されると良いでしょう。

こうしたデバイスへの投資は、先々リモート勤務以外にも使用は出来るでしょうから(例えばご自身が動画配信なされるなど)、もしそういうものにも興味があるのであれば、いいものを選ぶのがおすすめです。

またデバイスを選択する際は次の点が選定ポイントとなります。

  • 使用するOS
  • 接続方式(USBまたはBluetooth、無線レシーバーなど)
  • 使用予定のアプリケーションとの互換性
  • 無線接続の場合は充電の持ち時間
  • スピーカーの場合はノイズキャンセリング機能の有無
  • メーカーの保証体制

これらを比較しながら選定されると良いと思います。

Webカメラ

Webカメラは、LogicoolかAnkerがコスパがよく人気も高いと思います。
以下の2つにはマイク搭載のため、パソコンの内蔵スピーカーさえあれば、これ1台でもリモート試験環境は完成するといえるでしょう。

 

ちなみに私が使用しているのは、”Dell WB7022″という4K Webカメラです。Windows Helloも対応済み。こちらはマイク機能は無く、パソコン又は別の外部機器を使用する必要があります。映像は大変綺麗です。
Dell Webカメラ – WB7022

スピーカーとマイク

スピーカーはJabra Speaker 510が会社から支給されたので使用しています。業務用に使える会議用マイクなどを取り扱う会社ということもあり、大変良質なクオリティです。使っている側にはわかりませんが、話し相手にはノイズをカットして音声を届ける効果もあるそうです。

なお、個人でJabraは少し高いかな、という方はAnker社のPowerConfシリーズは低価格ながら質も良いと、後発でありながらも良質な製品ということでレビューも高いですね。
Anker PowerConf シリーズ – Anker

そこまで意識して見てなかったのですが、いまや結構種類も多く、なんなら一番高いものはJabra 510よりも値段が上です。

覚えておいた方が良いこと

試験監督は英語コミュニケーションが必要なケースがある

試験監督は日本語または英語いずれかで話しかけて来ます。(通話またはチャット)
これは試験予約時に以下のように選択肢が出るようです。

しかし一部のベンダーのみが選択が可能であり、上記の選択が出ない場合は指定が出来ないのでランダムです。私が良く受験するVMware, Dell Technologiesでは選択が出ませんでした。

平日午前9時から午後2時くらいの受験であれば、日本語の試験監督に当たりやすいらしいこれはピアソンVUEのサポートの方に聞いた情報です。が、当然ですが込具合次第です。また、仮に英語でのコミュニケーションが必要な試験監督にあたった場合は、ダメ元でチャットで日本語を使ってよいかを確認するのが良いとのことです。

後、海外担当者はアメリカやインドだそうです。私は今の所100%インドの試験監督に当たっています。ちなみに、試験監督によってはチャットのみや、パソコンのマイクとスピーカーを使用した通話をしてくるケースもあります。基本的にはウェブカメラを使用して机の周りを写す指示だけなので、”Please show me left on your desk”などその当たりが分かれば、まぁ大丈夫です。

試験監督ごとに、受験前の確認事項についての判断が違う

私は過去4回リモート受験をしていますが、試験監督によって受験前の確認ついて反応が違いました。

  • “身分証は、パスポート出ないとだめだ“と説明してくる場合がある
  • モニターアームを外すように求めてくる場合がある
  • 机の上にゲーム機を置いている状態でも指摘をされない場合がある

まず、受験前の身分証明書はパスポート以外にも運転免許証などもOKであり、これはピアソンVUEの公式サイトにもそのように記述されています。
試験監督者が海外の方の場合、運転免許証では日本語が使われているため読めないのでパスポートを希望してきます。
このことについて、ピアソンVUEの日本サポートに確認をしましたが、“I don’t have a passport. I would like to use my local driver license for registration process.”のようにゴリ押ししていいのだそうです。私はパスポートを持っていることもあり、有効期限がある限りはパスポートを提示していくつもりですが、もしお持ちでない場合は上記のようなケースでは説明をするようにしましょう。ピアソンVUE日本サポート様としては、“試験監督の都合で、無理にパスポートを依頼してくるケースが多発しており申し訳ない“と言われました。

モニターアームについては、“外したくない、再設置が面倒である“ことを伝えると“では外さなくてよい“と言われました。(外す理由を聞いたのですが、他の受験者は使っていないからと言うことでした…うーん)

卓上にNintendo SwitchとDockを置いた状態で受験に挑んだ回がありましたが、4回中3回は問題ありませんでした。これはなんだと聞かれた際に“Video Game”と伝えたところ、カンニングなどに関係ないデバイスと言うことでおいたままで良いと言うことでした。
1回は、Nintendo SwitchやVideo Gameと説明するも、それがなんであるかわからないということだったので机から撤去しました。

こんな具合で、人によってOK、NGが分かれるようです。ある程度チャットや音声で説明できるスキルがあるなら、デスクのレイアウトを崩さなくても良いのかもしれません。余計なトラブルに見舞われないためにはいかにテストに無関係なデバイスであっても卓上から外す方がベターです。

明らかに卓上に於いてはいけないもの
  • スマートフォン
  • タブレット
  • 受験に無関係なパソコン
  • スマートスピーカー(Amazon Echo Show、電源コードを抜いて起動してない状態ならOKでした)
試験監督によっては指摘されたもの(経験談)
  • ゲーム機
  • プラモデル、フィギア(ガンプラとレゴを置いていましたが、4回中1回撤去の指摘あり)
  • ポータブルバッテリー(災害対策用のバッテリーであることを説明し、試験には関係ないことを説明したら問題ありませんでした)
もし、受験前に卓上の設置品について指摘をされたら・・・

基本的には素直に従うのが良いです。試験前で緊張している時に余計な神経を使うことはお勧めしません。

もし、複数回のリモート試験を受けており、以前は指摘されなかったのに、今回は指摘をされたようなデバイスがある場合は“前の受験時には指摘されなかったが規則が改定されたのか?取り除くべき理由はなんなのか?“と聞いてみるのはありでしょう。”前に受けた時付けてたのなら、そのままでいい“と返されて試験が開始されました。

私の場合は、これでいくつかのデバイスは取り外さずに済みました。

試験監督が遅れて来る場合は、待ってみる(15分くらい)

試験時間を過ぎても試験が開始されないということに当たったことがあります。初めて当たった時は気が気じゃありません。上記の公式ヘルプにも書いていますが待つしか有りません。場合によっては試験は開始されずに再スケジュールとなります。

万が一の事態も考えて、試験の後に予定を入れないようにしておくことをお勧めします。
(業務で海外のエンジニアのリモート操作を受け入れる際にも、特定の国の場合10−15分遅刻、場合によっては忘れてたやタイムゾーン違いを考慮しておらず入ってくるなど結構体験はしているので、)

トラブルに伴い試験受験が完了しない場合は、再受験バウチャーが発行されるらしい

上述のようなケースでは、次回予約に使うバウチャーコードが発行されるそうです。
条件などは非公開でしょう。

土日祝日は、ピアソンVUEには連絡が出来ない

私の場合、上記の試験監督の遅延は土日祝で発生しました。この時間は問い合わせ先も有りません。
ピアソンVUE – カスタマーサポート

本記事掲載時点では、時間外サポートは無いそうです。うーん、これはもうこの時間を避けるのが安全ではあります。

 

コメント